寄僥トップ > 寄僥News&Topics 2022

2022アメリカUISオンライン藻僥プログラムをg仏しました

 2022定8埖22晩゛8埖26晩、云僥の戻亊丕であるアメリカイリノイ寄僥スプリングフィ`ルド丕UIS)とのオンライン藻僥プログラムをg仏しました。

 UISとは2000定から僥伏g住送として玉豚藻僥プログラムをg仏していましたが、仟侏コロナウィルスの唹で2020定から局砂ができていない彜rです。局砂ができない嶄、忽H尖盾と忽H住送を侮めることを朕議として、2021定業2022定業は仝オンライン藻僥々となりました。 

 UISからは10兆の僥伏、怎旋寄僥からは9兆の僥伏がプログラムに歌紗し、5晩gのプログラムをKえました。 

 プログラム豚g嶄は、哂Z僥、UISバ`チャルツア`、F仇僥伏との住送、哂Zでのプレゼンテ`ションk燕など、gHの藻僥と揖な坪否でアメリカを悶Yすることができました。 

 2023定業は、F仇アメリカに局砂し、玉豚藻僥プログラムが膜佩できるように笋靴討泙い蠅泙垢里如謹くの僥伏の歌紗をお棋ちしております。 

い栽わせ枠祭秬寄僥忽H住送n

TEL0284-22-5705


international@g.ashikaga.ac.jp

寄僥トピックスバックナンバ`