寄僥トップ > 寄僥News&Topics 2022

2021フィリピンMMSUオンラインZ僥藻僥プログラムを_vしました

 2022定2埖28晩、怎旋寄僥の今翌f協丕であるフィリピンマリアノマルコス巒羨寄僥MMSUとのオンラインZ僥藻僥プログラムを_vしました。MMSUとは2018定にf協をYし、2020定3埖にはZ僥藻僥プログラムを鮫g仏嚠協でしたが、コロナのためプログラムは嶄峭となりました。 

 2021定業はF仇へ局砂する藻僥プログラムの旗紋えとして、僥伏の哂Z薦鯢呂鯆慎弔箸靴拭献ンラインZ僥藻僥プログラム々の_vに崛りました。MMSU Language Centerのf薦の和、7兆の僥伏が云プログラムに歌紗し、7晩g14rgのプログラムをKえました。 

 プログラム豚g嶄は鞍2rgリアルタイムでF仇とつながり、徭失B初、k咄、猟嫗の恬り圭、哂Zでのプレゼンテ`ションの碧圭など哂Z薦鯢呂砲弔覆る娩Iを佩いました。その麿、フィリピンの創尖や梧、MMSUが了崔する臼イロコス巒のバ`チャル啝などフィリピン猟晒も悶Yすることができました。恷K晩には光徭嚥えられたテ`マで哂Zでのプレゼンテ`ションに薬蕕掘歌紗宀畠Tの哂Z薦が鯢呂靴討い燭海箸苧らかとなりました。

 忽H住送nでは藻僥プログラム╋漂汁僥?オンライン藻僥を戻工していきます。書瘁も僥伏T埴のeO議な歌紗を豚棋しています。

い栽わせ枠祭秬寄僥忽H住送n

international@g.ashikaga.ac.jp

寄僥トピックスバックナンバ`